子役カウンターも変化を遂げる

そーいやーさ。「ん?」子役カウンターって、Andoroidアプリでもあるんだよね。「マジ?すっげぇ!流石、現代は違うぜ」

iphone版っつー事で、最早アナログ人間にゃきつきつな時代。「とはいえ、俺も子役カウンター使うなら、やっぱ楽してぇよ...」

つまり?「やっぱスマホ、買うっきゃねーかなぁ」むむ、その為に?「勿論。けど、でもさ、俺思うんだが...」ん?

「スマホあれば、地図も楽々検索可能で迷う事も無く、目的地へ行け、自由にタッチ画面を動かせ、様々な機能のお蔭で、便利且つ高度な生活が営める。最早、ガラケー時代、不要な気も...」

其処迄ハイテク?子役カウンターに、騙されちゃね?「おい!お前が薦め、突然手のひらを返すような発言、勘弁...」

うーん、そりゃ薦めはしたが、子役カウンターアプリを求め、買う奴おらぬわ。「むむ...マジ?」恐らく。だって普通にNET購入可能な訳だから...。

「うぅほら、気軽にプレー出来れば...」まぁ、自由だし。頑張れよ。「見放された!?」